とおい きおくの あそびば - MGL

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

【ハミダシ!】What peace?

2007/11/17(Sat) 11:00
 最近、学校の図書室と近くの書店が私の居場所だと実感しています。
 落ち着ける場所というのはいいですが、そこまで移動に寒さを伴うこの季節は少々骨が折れるのが悩みどころです。
 しかし、その行く先で名前も知らない冬の花を眺めるのも、また悪くありませんね。

 メタルギアのリアリティについては前回お話ししました。
 そのリアリティを構成するのは、以外なものだったりしますよね。壊せる酒瓶とか、豊富な無線の会話パターンとか……
 いやぁ、メタルギアって深い。

 さて、今回は「深い」ということの重要性について考えてみました。
 料理や絵画なども、「深い」というのは大切なことですよね。
 料理ではダシ、絵画ではタッチや背景といったところでしょうか。それぞれに込められた深みがあるからこそ、ひとつひとつを強調できるというか。

 そこでなんですが、逆に浅いというのはどういうことなんでしょう。
 実は浅いというのは問題であるということがわかってきました。なぜなら、これらが無いと自分の考えも理解してもらえないのですから。

 メタルギアの好きな人の中には、銃が好きな人がいると思います。現に私も好きで、どんな銃が好きかというのはSNSのプロフィールをご覧ください(笑)
 そこで、唐突に聞きますが「銃 = 戦争が好きな野蛮人」という式はなりたちませんよね? 現に私は平和主義者のつもりですし、ましてやそんなことを言われて気分がいいわけもありません。
 何故こんなことを話すのかというと、私はこんなことを言っている浅はかな思想を持った人が居たからです。

「銃なんてこの世からなくなってしまえばいい、銃があるから戦争なんてあるんだ」

 教室に居たらそんなことを話している人が居て、少々ムカっときました。
 そこでなんですが、不思議とこの発言に支持する人が居るというのもおかしな話なんです。

「銃があるから戦争が起こる」

 これは完全に迷言ですよね。
 あくまで逃げです。銃は自分で銃口を人に向けて発砲することはありません。あくまで引き金を引くのは人ですよね。
 それに、銃が無くなったとしても昔は剣や棒で戦っていたのです。銃が無くなれば争いが無くなるというのは、なんとも浅はかな考えではないでしょうか。
 ちょっとカッコイイ言い方をすれば、こんなことよりも我々が考えるべきなのは

  すぐに隣の人と手をつなげるようになること

なんだと思います。
 銃がある、無い以前よりも争いを止めること。これが今、最も人に必要なことなんではないでしょうか。
 そして、銃というものが無ければ「巨大な力を持った間違った思想」をどうやって止めろというのでしょうか。話合いというのもスマートなようですが、もしも何も持たずにテロリストが立てこもるビルに交渉しに行けというのにイエスと言えるでしょうか。私は御免ですね。せめて、グロックの一丁かSWATの保険をつけたいものです。
 これで、躊躇無くイエスと言えるのであればこれ以上は何も言いませんが。

 銃という圧倒的すぎるイメージ。それのせいで、彼は根本的なことを忘れているのです。
 浅いというのは何よりも危険ですね。
 自分の身を守り、そして傷つけることを最小限に抑える。ヒトを生かすも殺すも、それはすべてヒトの意志であるわけで。銃という一種の力をカッコイイと思う人を、勝手に「戦争好き」と関連付けることこそ、銃となんら変わらない戦争の引き金ともなった、人を勝手に分類する「差別」というものなんでないでしょうか。人の好き嫌いによる。いらないカテゴライズ。

 けれど、この世の中には表面しか見えないものばかりですよね。
 より深く潜るにはそれなりの、時間や感性が必要なようです。

 私は窓から街を見下ろします。もし、人々の心が通じあえるなら、ここはとても住み心地がよくなるだろう。
 と、そんな理想をコーヒーの香りと一緒に漂わせる、今日の黄昏、リビングにて。

[MGL STAFF:Baby_Fox]

過去の「ハミダシ!」

その他 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

全くその通りだと思います。
私も格闘ゲームが大好きでしたが、だからといって決してリアルで人を殴ったりしませんし…
第一、丸腰の人間だって殴り合い等で人を殺すのは可能だし。
ただ、どんな道具も使い方次第とはいえ銃のように破壊力が殴り合いの比較にならないほど大きい物は扱う側にも当然制限が要るとは思いますが。
でもやっぱり
銃(兵器)を無くす=戦争(人間同士の争い)が無くなる
は極端で幼稚な暴論だと思います。
では長文失礼しました。
by: かんたむ * 2007/11/17 12:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

いやいや。
銃と言うのは今の時代の暴力を解りやすく象徴してるだけだと思いますよ。
多分その人が言いたかったのは、暴力と言う概念が無くなれば良いのにと
言う事だと勝手に解釈します。
自分もミリタリーは大好きで、美術の時間でも良く描いて提出します。
ただ、銃をそのまま弾の出る銃だと認識せずに、「銃」と言う言葉を
「暴力」に置き換えて考えてみましょう。
きっと、とんでもなく正論で、理想的過ぎる文章に変わって見えるでしょう。
by: 凛 * 2007/11/17 22:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://metalgearlabo.blog88.fc2.com/tb.php/791-054aa036
Next Home  Prev
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。